美容とアンチエイジングのためのプラセンタの歴史

加齢とともに増えた肌のシワやソバカスを減らしたり、老化する速度を緩やかにすることをアンチエイジングといいます。
昨今では、アンチエイジングを目的とした化粧品が多く販売されており、それらの多くにプラセンタという成分が含まれています。

 

プラセンタとは英語で「胎盤」を意味します。
哺乳類の胎盤には赤ちゃんを育てるために豊富な栄養を蓄えており、この栄養分を利用した美容用品に利用したものが普及しています。

 

20代を境に若さも美しさも下降線をたどるの女性にとって、若さや美貌を維持することは何よりも大切なことです。
外見的な問題にとどまらず、肩こりや冷え性、不眠症や便秘整理不順など年を加えることで体の中の不調も増えてきます。
プラセンタはこれらの症状を驚異的な働きで改善することができるのです。

 

紀元前には医学の父といわれるヒポクラテスが治療に使用したという伝説があり、クレオパトラや始皇帝、マリーアントワネットなども、若返りと美容のために利用したという言い伝えが残っています。