アンチエイジング医学とプラセンタ療法

プラセンタは、サプリメントや健康食品などで、広く知られていますが、これは医療現場でも使われています。
誰も避けては通れない老化において、アンチエイジング医学は、それぞれの生活習慣や体質などが発症に関係する高血圧、高脂血症、糖尿病などの疾患を検査によって発症前に予測し、発症しないように治療する予防医学とされています。

 

ここでは、加齢によって分泌が低下するホルモンを補うことにより、代謝を向上させたり、抗酸化成分を補給して、免疫力を上げ、老化の原因となる有害ミネラルを体外に排出するなどが行われます。

 

そこで、プラセンタ療法では、厚生労働省の認可を受けた医薬品のプラセンタが使われ、これには安全なヒト胎盤エキスが用いられています。
このプラセンタを注射することによって、細胞分裂を活性化させ、全身の組織、臓器、皮膚など再生し、免疫力を増進し、滋養強壮、また、抗アレルギー、抗炎症や精神安定などの作用も期待できます。